目黒区の学童の必要性

学童と言うのは、今の時代は無くてはならない存在になりつつあります。その理由としては、やはり共働きの夫婦が増えてきたと言うのが1番の理由です。学童と言うのは、小学校が終わった後平均で夜7時位まで子供を預かってくれるシステムです。小学校が終わって子供だけで自宅に居させるのは、やはり不安です。しかし、夜7時位まで子供を安全な場所で預かってくれるなら、安心して仕事をすることができます。また、残業をしなければならない日も出てくるでしょう。そう言った日でも十分に迎えに行く事が可能です。特に、東京の目黒区と言う地域は非常に共働きが多いです。都心にある為、通勤しやすい地域でもあります。その為、共働き夫婦が増えています。また、学童の場所は比較的駅に近い場所に設置されている事が多いです。仕事帰りでも迎えに行きやすい場所です。

目黒区の学童保育の状況について

学童保育クラブは就労などのために、学校から帰ってきた児童を保育できない保護者に代わって一緒に遊んだり、宿題をしたりおやつを食べたりします。様々なイベントもあります。利用できるのは小学校1?3年の児童です。目黒区の場合、公営が20箇所、私営が6箇所の計26箇所あります。どこの学童保育所になるのかは、原則は住所によって割り振られますが、隣接する小学校に通う生徒など希望をすればそこを利用することも可能です。保育費用はおやつ代を含め8000円ですが、外出して行なうイベントなど別途で実費の負担があります。学童保育に在籍する子供が2人以上いて2人目以降の世帯などに向けて保育料が4000円になる減額や生活保護世帯への免除の制度があります。学童保育所に入所後、区役所の子供支援課まで申請の手続きを行なう必要があります。日曜日と祝祭日、年末年始を以外は保育の対象になります。保育時間は学校のある平日は下校から18時15分、土曜日は下校から18時までになっています。夏休み期間中は平日は8時15分から18時15分土曜日は8時30分から18時までになります。

目黒の学童で子供を預かってもらえて安心

目黒に住んでいる人で共働きをしているなら目黒の学童で子供を預かってもらえて安心です。だから利用するべきです。子供たちだけの留守番は何が起きるかわかりません。とても心配だから少しの時間でも学童に行かせた方が安心できます。ここではしっかり宿題をさせてくれます。だから親ができないことをやってもらえます。またおやつもきちんと時間があるから食べさせてもらえるようになっています。そういう家に帰ってからすることをここでやってもらえます。また学童のいところは友達と一緒に遊べるところです。家に帰ってしまって友達と遊べない人もいるかもしれません。でもここにいれば皆と遊べるから子供たちにとってとてもいい時間を過ごせるようになっています。親も安心できるし子供も楽しいからここを利用するべきです。目黒二がいいところがあるから安心できます。

子供の学習意欲を育てるため、グループでの豊富な課題活動を通して、知性、発表力や社会性を伸ばしていきます。 エントランスでは会員カードのみ開く二重のセキュリティドアを整備し、不審者対策は万全です。 各校舎内ではセキュリティを強化し、お子様の安全のため警備会社への通報システムも導入中です。 目黒で受験対策ができる学童