目黒にある学童保育場の特徴は

小学校に通う子供を持つお母さんたちの中には、正社員としてそこそこの時間まで働いているという人も少なくないでしょう。特に東京のような都会では、仕事を続けながら子育てをしている女性が多くいます。そうした女性たちにとって、心強い味方となるのが学童保育の場です。目黒にもありますが、学校からほど近いところに作られていることが多いので、授業が終わってから子供だけが行くにしても、ひとまず安心できるでしょう。目黒の学童保育施設は複合施設の3階にあることから、室内でボール遊びや一輪車で遊んでいます。室内なら天候に左右されることなく子供を預かってもらえますし、知らない人が入ってくる可能性も限りなく低くすることが可能でしょう。それでいて、近くにある公園に出かけることもできますので、子供の自由性をはぐくんでもらえます。

目黒区で学童保育を利用するなら

目黒区内には、現在のところ公営で20か所、民営で6か所の合計26か所で学童保育の場を作っています。学校が終わっても、就労や病気などのさまざまな理由で子供の面倒を見ることができない保護者に代わり、子供を預かってくれる施設です。基本的に小学校の区域ごとに学童保育場所を設けていますので、通っている小学校にもっとも近い場所を利用することになります。利用にあたっては細かな規定があり、一人で家で留守番をするのが困難な年齢とされる、小学校1年生から3年生までが対象です。さらに、平日と土曜日では開校時間が変わりますし、夏休みなどの長期休暇の際にも時間が定められています。目黒区の場合でいえば、利用にあたって必要な費用はおやつ代を含む月額8000円です。費用の負担軽減措置もありますので、利用の前にはいろいろと調べるといいでしょう。

働くお母さんを助けてくれる目黒の学童保育

目黒区内には公営、民営の合わせて26か所の学童保育施設があります。利用するにあたっては毎月の利用料金が必要ですが、仕事を持つお母さんにとって、小学校1年生から3年生の間、学校が終わってもさらに安全に預かってくれる場所があるのはありがたいことでしょう。学校が終わった平日の場合、目黒区では午後6時15分まで、土曜日は午後6時まで預かってくれます。学童保育施設が終わるころに子供を迎えに行くことができれば、それだけ長い時間働いて収入が得られるお母さんにとっては、非常にありがたい施設です。月額の利用料金はおやつ代を含んで8000円ですので、労働時間を増やすことで月に8000円以上稼げるのなら、利用価値は十分あります。働かなくてはならない家庭でも、まだ幼い子供を一人で家に置いておくのは心配なのは当然ですから、上手に利用したいところです。